排水への負担を考えた我が家の油の処理方法

家での揚げ物は揚げたてが食べられ、家族も皆好きなのでよくしますが、油の後処理が大変です。まず台所回りがベタベタになるところです、ガスコンロの時は本当に掃除が大変でしたが、マイホームを購入した際にガスコンロは辞めてIHにしました。この事からだいぶお手入れが楽になり、我が家での揚げ物の頻度は増えました。次に揚げた後の油の処理です。これを排水溝に流してしまうと、パイプのつまりの原因になったり、負担もかけます。それに、環境汚染にも繋がるので極力流すのは、フライパンや食べた後についた程度で留めておきたいです。なので、我が家の工夫はフライパンで調理します。これで使う量自体も少なくて済みますし、使いきってしまう事も可能です。残ったとしても、キッチンペーパーや新聞紙に吸わせてゴミ箱に捨てられるので排水へ流すのを最小限に抑えることができます。

処理場への油の排水はやめて

油を処理しないで排水した場合どうなるのでしょうか。油は温かい内は液体なので排水管を詰まらせるというイメージはしにくいでしょう。油は冷えて固まると強固なものになるので、時間の経過と共に固着していき排水管内を閉塞させます。ほかにも浮遊した状態でボール型に固まり、臭気を漂わせたり、設備を誤作動させる原因になっています。決定的なことは排水処理場に油が流入することで、機能が低下もしくは一時にせよ破綻することです。一般的に水処理では微生物による排水の浄化がおこなわれています。油が流されると微生物の呼吸を阻害して、死滅させることで浄化の機能を失わさせます。河川や海洋に直接流れ込んだとしたら、分解しにくい油は酸化していくことで水中の酸素を消費し、周辺生物へ影響を及ぼすでしょう。最悪の場合、底部にはヘドロが溜まり嫌気状態に、周囲には悪臭を漂わすことになります。

排水管の油詰まりの処理について

基本的に日常排水として油はそのまま流さないです。紙に吸わせて普通ゴミとして出すのが原則です。しかし、完全にそんなことができるわけではなく、僅かずつでも油は排水管を通って行くことになります。そして、それが最終的に何年か、或いは十年以上になることもありますが、詰まりになることがあります。それをしっかりと処理する必要があります。但し、やや詰まりがひどくなってからでも大丈夫です。何も1か0というわけではないからです。詰まりを処理する方法ですが、一つは専用の液剤を流す、ということがあります。ホームセンターなどで販売しています。直接的に掻きだす、或いはこびり付いているのを押し出す為の長いステンレスの棒もあります。そこまでして直らなかったのであれば、素直に業者に任せることがお勧めできます。業者に高圧洗浄などをしてもらうことです。

水処理装置の販売と納入した装置のメンテナンスや標準製品や薬品販売を行う商品があります。東京都江東区にあります水処理技術に関係する商品とサービスを提供している会社です。 デザインビルドによる発注で膜ろ過浄水場としては日本最大の浄水場を納入した実績があります。 当社は総合水処理のエンジニアリング会社です。 水に関する様々な製品をご用意しております。 油の混じった排水の処理にお困りならオルガノ株式会社